医学生・研修医の皆さんへ For Students

  1. ホーム
  2. 医学生・研修医の皆さんへ For Students
  3. 教室員インタビュー
  4. 亀井尚美

教室員インタビュー  Interview

 

小児外科 亀井 尚美(平成15年度 卒業)

 

■なぜ、外科を専門に選ばれたのですか?亀井尚美 HP画像.jpg

 

 実は、医学部に入学した当初は小児科医になろうと考えていました。しかし、外科の臨床実習で、子供たちが手術を受けて元気になって退院していく姿を見てとても感銘を受けました。

 

 外科という診療科は、手術はもちろんですが、診断・治療の方針決定や周術期管理などの全身管理を行うため、患者さんの経過に大きく影響を与えます。外科は、医師の力量が問われ非常にやりがいがあると感じ小児外科を専攻しました。

 

 

■第一外科はどんな教室ですか?

 第一外科の先輩方は、第一に患者さんのことを考えています。そして、よく患者さんとその家族と話をされます。私は、入局後そのような諸先輩の姿をまじかに見て、感じて、学んできました。また、小児外科は、頭頸部から泌尿生殖器まで、対象とする領域が広い範囲に亙っているのか特徴ですが、第一外科では、小児外科以外にも心臓血管外科および消化器外科の専門医がそろっており、それぞれ専門の立場から治療法についてディスカッションを行っています。実際に協力して手術を行うこともあり、いつもよりよい手術を探求し情熱を持った「外科医」のそろった教室と思います。

 

 

■研修医の頃のお話を聞かせてください。

 

 私は、現在の臨床研修医制度導入前年の入局で、卒業後すぐに第一外科へ入局しました。他大学からの入局でしたので、当初はかなり緊張しましたが、同期生がたくさんいたこと、そしてその中に他大学出身が半数以上いたことなどから、すぐに打ち解けることができました。

 

 また、他大学病院では、『出身大学が違うとなかなか厳しい』などのうわさも聞きますが、当科の先輩方は、まったく差別なく指導してくださいました。正直、学生心のなかなか抜けなかった私はかなり叱られることもありましたが、それらは全て現在の私にはプラスになっていると考えています。

 

 

■現在の勤務について教えてください。

 

 現在は、社会人大学院に所属しながら、広島大学病院小児外科で医科診療医として勤務しております(2015年、現在、関連病院で勤務)。 

 広島大学病院は、特に小児科と連携して難治性悪性腫瘍の治療に力をいれています。一般小児外科の手術とは少し異なり、化学療法後の腫瘍や巨大腫瘍と手術で戦うのはかなり大変ですが、その以上に得られる技術と知識が多いと考えています。

 

 

■第一外科では女性医師が活躍できますか?外科医として活躍するためには、どんな環境が必要だと思いますか?

 

 入局して9年目になりますが、今のところ女性で不利だと感じたことも後悔したことも一度もありません。むしろ、女性だからできることもあると考えています。今後も外科医として生き延びていくために必要なことは、自分の努力と旦那さまの協力でしょうか。

 

 

■学生さん、研修中の先生方にメッセージをお願いします。

 

 外科を選択する際には、正直、結婚や出産はあきらめなくてはいけないと思っていましたが、今は、そんなことはないと確信していますし、女性だからできる外科医の形もあると思っています。手術ができるようになりたいけど、きついかも・・・と思っている方、大丈夫です!!ちょっと一緒にやってみませんか?