第一外科について

  1. ホーム
  2. 第一外科について
  3. ごあいさつ

ごあいさつ

 

ごあいさつ 教授 末田 泰二郎

 

 広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 応用生命科学部門

                                     外科学(第一外科教室) ホームページにようこそ!

 

Drsueda HP.jpg 私たち第一外科教室は、1945年(昭和20年)、原爆が投下される直前に開講した医学部の前身である広島医科大学創立以来の伝統のある外科教室です。古くからある外科教室ですが、絶えず進取の気性で新しい外科治療にトライしています。そして、手術に全精力を傾け、一生懸命患者さんを治療することをモットーに決して時流に流されること無く地道に外科学の本道を歩み続ける外科教室です。

 

 当外科教室の特徴は、昨今の臓器別、系統別に診療科が小さく分かれていく時流にあって外科医の教育や修練のためには、心臓血管外科、消化器外科、小児外科のいずれも必須の外科部門と考え、開講以来3つの診療部門を堅持している点です。

 

 この各外科診療科のスペシャリストが各専門領域の診療・臨床研究・教育を行い、最新で質の高い治療を目指しています。これまでに、心臓血管外科、消化器外科、小児外科の3本柱を中心に、たくさんの若手外科医が研鑽を積んでおり、オールマイティで、なおかつ専門性の高い研究業績と手腕を持つ医師が多数そろっています。各診療部門が連携、協力し合いながら、チーム一丸となって、みなさま方の期待に応えるよう常日頃心がけております。

 

 また、最先端医療として心臓血管外科領域では世界に先駆けて行ってきた不整脈手術、血管内手術(ステントグラフト治療など)、小切開手術など、また、消化器・小児外科領域では、肝臓・胆道・膵臓癌における外科治療、炎症性腸疾患に対する外科治療、小児悪性腫瘍に対する外科治療、鏡視下手術による低侵襲手術など、高度な医療を今後も提供していきたいと思っています。