医学生・研修医の皆さんへ For Students

  1. ホーム
  2. 医学生・研修医の皆さんへ For Students
  3. 卒後研修プログラム

卒後研修プログラム  Training Program

 

第一外科教室が提供する卒後臨床研修・後期研修プログラム(入局)のご案内

 

 平成16年4月から始まった新医師臨床研修制度によって、自由に研修病院を選択できるようになりました。
卒後研修後の進路も、今後選択の幅が広がっていくと思われます。しかし一方で、都市部の民間病院に研修医が集中し地域偏在を招き、また、診療科間での人員移動が起こるという一面も浮き彫りになり、これからの外科学を切り開いていく人材が少なくなるのではないかと危惧しています。


 当初は、古い体質の象徴のように言われ敬遠されていた大学ですが、専門医が充実し、先進医療や研究が行える環境に魅力を感じ大学を選択される先生が多くなっています。大学として、これまで培ってきた高度な医療水準やマンパワーは今後も十分に魅力的なアドバンテージになると考えています。


 労を厭わず思い切り外科をやりたいと思う方、先進医療をライフワークに行いたい方、医学研究を志す方、留学を経験したい方はその選択肢として大学が希望に応えるものと確信しております。
将来の外科診療を担う若い先生方のエネルギーを期待しています。
 

【目次】
  1. 診療の特徴
  2. 臨床研修の方針及び体制
  3. 広島大学病院の卒後臨床研修プログラム
  4. 「ふるさと枠」卒業生支援卒後研修プログラム
  5. 取得可能資格
  6. 研修施設・協力施設
  7. 研究活動の特徴
  8. 研究・留学について
  9. 後期研修医並びに医局員募集要項
  10. お問合せ先
program_img01.jpg

 

 

1. 診療の特徴

 

 第一外科教室では、心臓血管外科、消化器外科、小児外科の臓器別グループを編成し、グループ診療体制を行っています。さらに消化器外科には、肝胆膵外科と下部消化管(大腸・肛門病)の2つのグループがあります。

 

 診断や治療方針の検討は各グループでのカンファレンスで行い、チーフ・サブチーフの指導のもと診療にあたっています。第一外科全員の合同カンファレンス(術前術後カンファレンス 火・木曜)を行い、各グループのスペシャリストの立場から症例検討を行い、治療方針の最終決定を行い、また術後経過の報告を行います。
 また、内科・病理部門と連携して、院内の総合カンファレンスを定期的に主導しています。

 

ページの先頭へ戻る

 

 

2. 臨床研修の方針及び体制

 

 日頃から、若手医師に出来るだけ多くの臨床経験を積む機会を提供できるように配慮し、専門医・指導医資格を持つスタッフがマンツーマンで指導・助言を行っています。希望に応じて心臓血管外科、消化器外科、小児外科の3つの診療科の各グループで臨床研修が可能です。


 後期研修では、当教室の関連施設における研修が主になります。
 初期研修終了後早期に外科学会専門医資格が取れるよう体制を整えています。専門医の取得には、心臓血管外科・消化器外科のほか、呼吸器・小児などの外科領域の手術、周術期管理と外科臨床に伴う検査、麻酔技術の修得を目標とした臨床研修が含まれます。


 第一外科教室は、胸部心臓血管外科、消化器外科、小児外科の3つの外科診療科がございますので、必須とされる手術経験をすることが容易で、スムーズに専門医資格を取得することが可能です。
外科学会認定の修練指定施設および関連施設において外科学会専門医取得に必要な手技、経験項目をクリアできるようカリキュラムを組んでいきます(修練指定施設・関連施設以外での臨床経験は専門医取得のための経験に含めることはできません)。


 また、積極的に学会発表を行う機会、論文作成を行う機会を提供します。
自ら経験した症例を中心に学会発表を行い、可能な限りそれを論文として投稿していただきたいと思います。学会発表・論文投稿するころは、症例についてまとめる力、表現する力を養うとともに、疾患についての理解をさらに深め、貴重な経験となると考えています。

 

ページの先頭へ戻る

 

 

3. 広島大学病院の卒後臨床研修プログラム

 

 広島大学病院には、自由選択枠の多い多目的研修コース(目指す専門科を中心に研修できるコース)、内科を重点的に回るコース、救急を重点的に回るコース、産婦人科・小児を優先するコースなどいくつかの臨床研修コースがあります。


 当院の卒後臨床研修プログラムの特徴は、2年目の選択枠が多く、研修しながら変更も可能なことです。
「多目的研修コース」の場合、2年間のコースの中で最大12カ月、外科枠を選択することが可能です。


 第一外科分担の外科枠として、現在は、心臓血管外科・消化器外科(上部消化管・下部消化管・肝胆膵外科)・小児外科があり、希望の領域を選択していただきます。1ヶ月ごとの細切れ選択も可能ですが、手術の前後も含めて患者さんを見ていくためには、2ヶ月間同じ領域を選択することをお勧めします。


●参考URL:広島大学病院 卒後臨床研修センター http://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/sotsuken/

 

■研修の実際

 患者さんを指導医・主担当医とともに担当します。
循環器病棟の約50名の入院患者さんのうち20~30人が外科の患者さんです。消化器外科では、肝胆膵外科20~30人程度、下部消化管(大腸・肛門病)外科15~20人、小児外科4~5人がおよその担当患者です(同じ枠の研修医で分担)。

 心臓血管外科の場合、年間手術件数は、開心術100~150例(虚血性、弁膜症、大動脈がそれぞれ3分の1)、腹部大動脈瘤40~50例、末梢血管50~70例ですから2ヶ月の研修で、この1/6の手術を経験することになるでしょう。
 

■週間スケジュール

 1週間のスケジュールは、次のとおりです。

 

曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 手術 外来 手術 外来 手術
午後 手術
終了後回診

14:00~

術前カンファレンス

教授回診

手術

終了後回診

13:00~

術前カンファレンス

手術

終了後回診

 

 外科総合カンファレンス、各専門科別の合同カンファレンス(2週後毎の肝胆膵カンファレンスなど)や抄読会など主催しています。

 ※時間外、土曜・日曜・祝日はdutyはありませんが、担当患者さんの状況に応じて必要な診療を適宜行っています。

ページの先頭へ戻る

 

 

 

4. 「ふるさと枠」卒業生支援卒後研修プログラム

 
■第一外科 外科系総合診療医養成コース
 
卒後研修年度
1年目 2年目 3年目 4年目 5年目

6年目

7年目 8年目

9年目

10年目

勤務義務

関連病院 勤務義務 関連病院

4群または5群病院

(中山間病院)

 

外科専門医

取得

 

4群または5群病院

(中山間病院)

必要従事期間満了

(勤務義務4年間)

希望に応じ大学院入学

サブスペシャル専門

 
■ふるさと枠コースの概要
 当科のふるさと枠コースの特徴は、外科医としての専門性を追求しながら、同時に地域医療で必要とされる外科的プライマリーケアを習得することです。現在、広島の地域医療において最も必要とされる人材は、コモンディジーズ診療に加え、外傷などの外科的診療もできる"外科系総合診療医"です。
 
 本コースでは、奨学金の返還免除条件の勤務を行いながら外科的総合診療医としての経験をつみ、同時に外科資格の基本である「外科専門医」、さらに「上級外科系専門医」(心臓血管外科専門医、消化器外科専門医、呼吸器外科専門医、小児外科専門医など)を習得できるように支援し、本コース終了時には、プライマリーケア、専門診療のどちらの進路にも対応できる医師育成をめざします。
 
 具体的には、卒後3-4年目は義務勤務として第4群または5群病院にて勤務(4群;三次中央病院、みつぎ総合病院、5群;安芸太田病院) 5-7年目は当科の関連病院(大学病院、県立広島病院、広島市立安佐市民病院、広島市立舟入病院、JA広島総合病院、広島記念病院等)にて後期研修していただき、6年目に外科専門医を取得できるように配慮いたします。8-9年目にはふたたび義務勤務として第4群または5群病院にて勤務していただきます。
 研修順序・期間につきましてはフレキシブルに変更可能です。主に、上記を目標としますが、ふるさと枠の義務を遵守していただくことが最優先となります。義務終了後は希望者には当科関連病院にて勤務することが可能です。
 
■研修内容 
 初期臨床研修終了後の1年目2年目義務勤務として4群または5群群病院勤務2年間、3年から5年目は当科の関連病院にて外科医として勤務。6年目7年目は4群または5群群病院勤務2年間を基本コースとします。
研修順序・期間につきましては相談の上、フレキシブルに変更可能です。
 外科専門医(6年目)が取得可能です。外科医として勤務時は、「心臓血管外科」、「消化器外科」、「呼吸器外科」、「小児外科」の領域から選択が可能であり、相談により本人の意向を尊重します。研修状況に応じて上級外科系専門医(心臓血管外科専門医、消化器外科専門医、呼吸器外科専門医、小児外科専門医など)の取得を目指します。
 大学院へは卒後3年年目からでも入学可能であり、5群病院に勤務しながら大学院にて研究を行うことも可能です。
 
義務勤務が規定される病院:4群病院 三次中央病院みつぎ総合病院   5群病院 安芸太田病院
 
関連病院:広島大学病院、県立広島病院、広島市立安佐市民病院、広島市立舟入病院
     JA広島総合病院、広島記念病院 ほか
 
※ 三次中央病院は、「地域がん診療連携拠点病院」にも指定されている地域中核病院で、みつぎ総合病院は「地域包括ケアシステム」の原点の地域中核病院であり、まら、安芸太田病院は、「中山間地域に根差した地域医療」を実践している病院であり、救急医療、プライマリーケアから専門性の高い診療まで幅広く研修が可能です。
 
■専門医・認定医取得について 
当科での基本方針は、
(1)6年目で外科専門医を取得するとともに外科的技術を習得した”外科系総合診療医”をめざす。
(2)上級外科系専門医(心臓血管外科専門医、消化器外科専門医、呼吸器外科専門医、小児外科専門医など)の取得をめざす。
 
 奨学金の返還免除条件の勤務を行いながら同時に外科的総合診療医としての経験をつみ、外科資格の基本となる外科専門医、さに上級外科系専門医である心臓血管外科専門医、消化器外科専門医、呼吸器外科専門医、小児外科専門医などを習得できるように支援します。
 
■大学院・学位取得について
 本人の希望に応じて、研修修了直後や義務年限途中での社会人大学院入学が可能です。
 大学院にて3年での学位取得をめざします。
 
■進路に関する特別な配慮・女性医師への対応について
 当コースでの4群病院は、三次中央病院、みつぎ総合病院、5群病院は、安芸太田病院となっております。
三次中央病院は、「地域がん診療連携拠点病院」にも指定されている地域中核病院、みつぎ総合病院は「地域包括ケアシステム」の原点の地域中核病院であり、また安芸太田病院は、「中山間地域に根差した地域医療」を実践している病院であり、救急医療、プライマリーケアから専門性の高い診療まで幅広く研修が可能です。
 中山間地域勤務中であっても知識、技能習得のために研修日や診療支援も考慮します。
 結婚された医師に対しては、当科の女性医師支援規定を参考に、地域保健医療推進機構と協議しながら対応します。     
 
 

5. 取得可能資格

 

 第一外科教室では、心臓血管外科・消化器外科・小児外科の3つの診療科の専門医が数多く在籍し、それぞれの専門医・指導医資格の取得が可能です。


 入局後は、外科臨床医として指導的な立場となるため、まずは外科学会外科専門医を取得する必要があります。
外科専門医の取得には、多分野の疾患(心臓血管、呼吸器、末梢血管、消化器外科、小児外科、外傷、鏡視下手術など)についての手術実績が必須となっています。第一外科教室は上記の3つの外科診療科がございますので、スムーズに専門医資格を取得することが可能です。


 外科学会専門医取得には修練開始登録後5年間の修練期間が必要ですので,現在初期研修を行われている方で、外科を専攻される場合は、早めに学会へ入会することをお勧めします(外科学会入会には評議員の推薦が必要なため、現在お勤めの研修施設または、当方にお問い合わせください)。
 外科学会専門医取得後は、ご希望の専門分野での専門医資格を取得していくことになります。

 

■主な取得可能な専門医・指導医資格

専門医・指導医資格
胸部心臓血管外科 消化器外科 小児外科
心臓血管外科専門医認定機構 日本消化器外科学会 日本小児外科学会
日本循環器学会 日本消化器病学会  
日本脈管学会 日本内視鏡外科学会  
日本血管外科学会 日本肝胆膵外科学会高度技能医  
ステントグラフト実施医 日本大腸肛門病学会  
日本呼吸器外科学会    
その他

 

ページの先頭へ戻る

 

 

6. 研修施設・協力施設

 

 第一外科では、広島市を中心に多くの施設に、研修や臨床協力を依頼しております。
 各人の希望に沿った臨床修練が行えるよう、施設の特徴(希望専門医取得に有利な施設)を考慮して医局員の派遣を行っております(研修は指定を受けている施設のみで行われます)。
 また、出身大学・性別の区別なく研修施設を決定しております。下表はその一例です。

 

■研修施設(後期研修医実績より)

病院名 診療科
あかね会土谷総合病院(卒後臨床研修協力病院) 心臓血管外科
呉共済病院 消化器外科

県立広島病院(卒後臨床研修協力病院)
心臓血管外科・呼吸器外科・小児外科
厚生連廣島総合病院 心臓血管外科・呼吸器外科・消化器外科
市立三次中央病院 消化器外科
広島記念病院(卒後臨床研修協力病院) 消化器外科
広島市立安佐市民病院 心臓血管外科・消化器外科
広島市立舟入病院(卒後臨床研修協力病院) 小児外科
福山循環器病院 心臓血管外科
その他

(50音順)

 

ページの先頭へ戻る

 

 

7. 研究活動の特徴

 

 臨床と研究を有機的に発展させ、今後の医療の向上につながること、サイエンスとしての外科学を樹立することを目標としています。

 

 心臓血管外科部門では、不整脈手術における電気生理学、人工心臓、胸腹部大動脈瘤手術における脊髄虚血障害の解明、動脈瘤形成における分子生物学などの研究を行っています。


 消化器外科部門では、胆膵の腫瘍学、癌の分子生物学および炎症の免疫学、胆膵の生理学、肝胆道の生化学、膵移植の免疫学、感染症に対する分子疫学的解析、大腸肛門の生理学などの研究、小児外科部門は、小児癌の分子生物学、発癌におけるテロメア・テロメラーゼなどの研究を行っています。


 学内外の基礎研究室とも連携し、いずれの分野も国内外で有数の研究を発表しています。
 研究活動の実績(論文・学会発表)を随時ホームページでも公開しております。

 

ページの先頭へ戻る

 

 

8. 研究・留学について

 

第一外科では、積極的に大学院に入学することを推奨しています。

 

 臨床もしくは基礎研究に取り組むことは、患者さんの治療成績向上の一助となり、臨床と同様に大変重要視しています。また、基礎的な面からの考察は、医師として見聞を深め、臨床医として成長するためにもとても重要な経験であると考えます。大学院は第一外科をはじめ大学内外の研究室で行いますが、希望すれば他施設で研究を行うこともできます。


 大学院卒業(学位取得)後は、関連病院で外科臨床を中心とした専門医として活躍される先生もいらっしゃいますし、開業医として活躍される先生もいらっしゃいます。また大学で研究を継続されいわゆる、「アカデミック・サージョン」を目指す先生もいます。


 留学は、これまで米国を始め各国の病院・研究所などへ多数の医局員が留学しています。留学は、主に国内での研究の後に行うことが多く、国内・国外を問わず教室としても最大限サポートいたします。
紹介をすることができる施設も多くありますが、自分で新たに留学先を探すことも可能です。
 

主な国外留学先(医局員実績より)
●ウェイン州立医大(米国)
●ヴァージニア・メイソン・メディカルセンター(米国)
●カリフォルニア大学ロサンゼルス校 UCLA (米国)
●ジェノリエ循環器病院(スイス)
●デューク大学(米国)
●フランスオーレベック循環器病院 (フランス)
●ボルドー大学附属循環器病院(フランス)
●マレーシア国立心臓病センター(マレーシア)
●ミネソタ大学 (米国)
●メイヨ・クリニック(米国)
その他

(50音順)

 

ページの先頭へ戻る

 

 

9. 後期研修医並びに医局員募集要項

 

【後期研修医 募集要項】

●応募資格:研修指定病院での2年間の初期臨床研修を終えられた方。
※当教室で外科学を学びたいという情熱をお持ちの医師であれば、どなたでも入局していただけます。
 (出身大学・初期臨床研修施設は問いません)

 

●研修募集人数:制限はありません。

 

●募集期間(締切):本学の規定によりますが、基本的に随時受け付けております。

 

●選抜方法:入局のための試験はございません。
      履歴書をご提出の上、教授・医局長が面談をさせていただきます。

 

【医局員 募集要項】

●入局希望(随時受付中):医師免許取得者。(出身大学・経験年齢などは問いません)

 

ページの先頭へ戻る

 

 

10. お問合せ先

 

 第一外科では、見学者を随時募集しております。
また、ご不明な点などありましたら下記までご連絡ください。尚、見学希望、ご質問などは「お問合せフォーム」からも随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

 

広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門 外科学(第一外科)

医局長 上村 健一郎

〒734-8551 広島市南区霞1-2-3
TEL.082-257-5216(医局) FAX.082-2570-5219
Email: umk@hiroshima-u.ac.jp