第一外科について

  1. ホーム
  2. 第一外科について
  3. スタッフ紹介個人ページ
  4. 近藤成

スタッフ紹介詳細


Dr. Kondo.jpg

 

 

印刷する

助教 診療講師 医学博士

近藤 成 コンドウ ナル

Naru Kondo

E-mail

 

学歴

 

1999年広島大学医学部医学科 卒業

2012年 広島大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程 修了 医学博士 

 

略歴(職歴)

 

1999年 広島大学医学部第一外科 研修医
2000年 中国労災病院 心臓血管外科
2001年 広島記念病院 外科 
2004年 マツダ病院 心臓血管外科
2004年 広島大学医学部第一外科 医員
2004年 大田市立病院 外科

2011年 留学(メイヨークリニック、アメリカ)

2011年 広島大学病院消化器外科 医科診療医

2013年 広島大学病院消化器外科 助教

2017年 広島大学病院消化器外科 病院診療講師

 

所属学会

 

日本外科学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本癌治療学会

日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本大腸肛門病学会

日本肝胆膵外科学会、日本臨床外科学会、日本救急医学会、日本腹部救急医学会

日本胸部外科学会、日本静脈経腸栄養学会 

 

専門分野

 

肝胆膵外科 

 

研究内容

 

膵癌術後補助化学療法における感受性の分子生物学的検討(広島大学)

膵頭十二指腸切除における術後合併症予測因子の検討(Mayo Clinic)

腹腔鏡下膵頭十二指腸切除における手術侵襲の検討(Mayo Clinic) 

 

主要論文

 

Kondo N, Murakami Y, Uemura K, Sudo T, Hashimoto Y, Nakashima A, Sueda T. Combined Analysis of Dihydropyrimidine Dehydrogenase and Human Equilibrative Nucleoside Transporter 1 Expression Predicts Survival of Pancreatic Carcinoma Patients Treated with Adjuvant Gemcitabine Plus S-1 Chemotherapy after Surgical Resection. Pubmed_index.jpg

Ann Surg Oncol. 2011;Nov 16.

 

Kondo N, Murakami Y, Uemura K, Sudo T, Hashimoto Y, Nakashima A, Ohge H, Sueda T. Prognostic impact of dihydropyrimidine dehydrogenase expression on pancreatic adenocarcinoma patients treated with S-1-based adjuvant chemotherapy after surgical resection. Pubmed_index.jpg

J Surg Oncol. 2011;104(2):146-54.

 

Kondo N, Sakashita Y, Sugihara M, Kamiyama K, Sudo T, Murakami Y, Sueda T. Ruptured left colic arterial aneurysm treated by transcatheter arterial embolization alone and without a subsequent laparotomy: report of a case.Pubmed_index.jpg

Surg Today. 2011;41(5):707-12.

 

Kondo N, Murakami Y, Uemura K, Hayashidani Y, Sudo T, Hashimoto Y, Nakashima A, Sakabe R, Shigemoto N, Kato Y, Ohge H, Sueda T. Prognostic impact of perioperative serum CA 19-9 levels in patients with resectable pancreatic cancer. Pubmed_index.jpg

Ann Surg Oncol. 2010;17(9):2321-9.

 

Kondo N, Furuya H, Yamamoto S, Nakano A, Sakashita Y. Diffuse large B-cell lymphoma in the ampulla of vater causing obstructive jaundice: Report of a case. Pubmed_index.jpg

Surgery Today. 2008;38(1):76-80. 

 

ほか

 

資格 

 

日本外科学会    認定医・専門医

日本消化器外科学会  専門医   専門医・指導医

消化器がん治療認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医

日本がん治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医
 

 

印刷する

 

 

スタッフ紹介一覧へ戻る