第一外科について

  1. ホーム
  2. 第一外科について
  3. 診療部門 Practice
  4. 【広島大学病院にて施行している疫学研究について】開心術術後における心房細動発症についての研究

開心術術後における心房細動発症についての研究 

 

「課題名:開心術術後における心房細動発症と血液中カテコラミン、BNP、ANP値変化に関する疫学的研究」について 

 

 

○研究の意義・目的
術前心房細動の既往が無い開心術症例を対象とし、血液中カテコラミン3分画を手術前後に測定することにより、手術に伴う交感神経の活性状態を評価し、術後心房細動の発症との関連について検証する。

 

 

○ 研究の方法
平成24年7月1日から平成25年3月31日までに、広島大学病院心臓血管外科で改心手術を受けた方を対象とします。本研究は,全て診療録(カルテ)情報を転記して行います。カルテから転記する内容は既往歴(高血圧症、高脂血症、糖尿病など)、血液検査結果(白血球数、赤血球数、血小板数、生化学検査、凝固・線溶検査など)、身体所見(身長、体重、脈拍、心電図波形など)です。(個人が特定出来る情報は転記しません)
(研究期間 承認後~平成25年3月31日)

 

 

○ 個人情報の保護について
調査内容につきましては、プライバシー保護に十分留意して扱います。情報が個人を特定する形で公表されたり、第三者に知られたりするなどのご迷惑をお掛けすることはありませんのでご安心下さい。

 

 

不明な点がございましたら下記までお問い合わせ下さい。
 

*研究に資料を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出頂いても今後の診療等に不利益が生ずることは有りません。
 

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 お問い合わせ先
                 〒734-8551 広島市南区霞1-2-3  Tel:082-257-5218    
                 広島大学第一外科 末田泰二郎(研究責任者)
                     第一外科 渡谷 啓介(担当者)